年代別にみる転職の自己PRのポイント

サイトマップ

何歳の時点での転職活動なのかを考慮に含める

転職活動の自己PRは、転職の要となる部分といえます。自己PRをうまく作る事ができれば、かなり有利に転職活動をすすめることができます。

自己PR作成のポイントは、年代によっても違います。同じ自己PRでも、これから社会に船出しようと20代と、社会人人生も半ばの40代とでは、条件が違います。

20代の人が自己PRをつくろうとすると、自分のいいところや、アルバイト経験で得たものなどが内容の中心になります。中途採用では、新卒とは別の採用基準になります。現在に至るまでどのような経験と実績を積んでおり、それがどう自己PRに活かされるかを考えましょう。

自己PRを30代で作成する時も、実績があってのことです。効果的な自己PRを作成するなら、過去の出来事を淡々と書くだけでは不十分です。なぜその成果をあげることができたのかという理由を、明確にしておきましょう。

自己PRの書き方ひとつで、会社にとって魅力的な人かどうかと言う選考が始まっているのです。自己PRを作る時に大事なことは、シンプルで、要点をまとめた自己PRの文章をつくることです。

40代になると、仕事の経験は多いけれど、その分柔軟性を失って、新たな環境に馴染みにくくなっていないかと警戒されることもあります。知識や実績がありながら、先入観を持たずに環境に馴染んでいけることを、自己PRに入れてもいいでしょう。

何歳の時点での転職活動なのかを考慮に含めて自己PR文をつくることが、自分を売りこむために必要です。

「秒間779万つぶやきを処理、転職活動に役立つ求人情報の選び方システムの“今”」について

今の仕事を変えたいと考えている人は大勢いるようですが、どんな求人情報を探したいかまでは転職に関する方針は決めていないという方もいるようです。

Copyright © 秒間779万つぶやきを処理、転職活動に役立つ求人情報の選び方システムの“今”. All rights reserved